★一人暮らし独身オンナの気ままなお小遣い稼ぎ生活を公開中★
さて本日は、ふるさと納税サイトのさとふるについて書きこします

私がさとふるのことを知ったのは、ここ最近流れているCMがきっかけでした。

実際のサイトはこんな感じです


さとふる(H28.7.9 サイト紹介!①) 

会員登録はもちろん無料で、先日当ブログでも記事にした楽天スーパーポイントギャ

ラリー
経由で新規登録しました
 (詳細記事はこちらからどうぞ)

さとふる(H28.7.9 サイト紹介!②) 

さとふる会員になると、マイページで寄付履歴や注文したお礼品の発送状況等を

確認することができ、とても便利なんです


さとふる(H28.7.9 サイト紹介!③) 

さとふる(H28.7.9 サイト紹介!④) 

ふるさと納税は、自分が応援したいと思った自治体へ寄付することですが、確定

申告はどうすればいいのか?とか、そもそも私みたいな会社員は寄付しても良い

のか?など、疑問に思っていたのですが、誰でも参加してOKなんですねヽ(´▽`)/


そして気になっていた確定申告ですが、上記緑色下線にある 『ワンストップ特例

制度』
という制度が開始されたおかげで、会社員(給与所得者)である私は確定申

告手続きをする必要な無くなったんですッ


そんな画期的な制度ができたことを初めて知り、とてもビックリしました~

さとふる(H28.7.9 サイト紹介!⑤) 

この「ワンストップ特例制度」の対象となるのは、給与所得者であることと、寄付した

のが5つの
自治体以内であればOKです

さとふる(H28.7.9 サイト紹介!⑥) 

さとふるのサイトはとても親切丁寧で、上記の通り「控除申請書」の様式をダウン

ロードできる上、記入例その他必要書類についても分かりやすく掲載してくれて

いるので、何も困ることがありませんでした


さとふる(H28.7.9 サイト紹介!⑦) 

さとふる(H28.7.9 サイト紹介!⑧) 

申請書を送る各自治体の住所も簡単に検索できるようになっています

さとふる(H28.7.9 サイト紹介!⑨) 

ここまで説明してきたふるさと納税ですが、誰でも参加OKですけど、寄付金控除に

は上限があり、年収や家族構成などによって一人一人違うんですよ


そこでさとふるサイトには、「控除額シュミレーション」という機能があり、自己負担額

を2,000円で抑える為には、いくらまで寄付して大丈夫なのかを確認することがで

きるんです


サイトTOPページの右側にある 「控除額シュミレーション」 をクリックしましょう

さとふる(H28.7.9 サイト紹介!⑩) 

すると、下記の通り控除の目安についての説明があり、ページ下方には寄付金の

上限目安表も載っているので、とても分かりやすいです

さとふる(H28.7.9 サイト紹介!⑪) 

さとふる(H28.7.9 サイト紹介!⑫) 

こうして、さとふるサイトでふるさと納税について学んだ私は、ちょうどポイントサイト

にさとふるの広告が掲載され始めたので、もちろんポイントサイト経由で5つの

自治体、計6件の寄付をしました


かかった寄付金は合計45,000円ですが、先週までポイントサイトからの還元額は

300円分のポイントが付与されることになっていましたから、1,800円は戻って

くるんですよ~
 ※寄付6件 × ポイント300円分=1,800円


ちなみに、私が利用したポイントサイトは、ポイントタウンげん玉Gポイント

3サイトからですヽ(´▽`)/

現在もさとふるの広告は掲載されていますが、還元ポイントは150円前後と減って

しまってます

でも、ポイントで還元されることは間違いないので、少しでも費用を抑えたい方は

ポイントサイト経由でさとふるを利用するのがお得です


各自治体に寄付することで、お得なお礼品をGETでき、来年の所得税と住民税の

金額が控除してもらえる、まさに未来の自分への投資ですよねッ

私も、もっと早くに始めてれば良かった~と思います(笑)


まずは、下記のバナーよりサイトをのぞいて見て下さいね

 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://poppy521.blog.fc2.com/tb.php/4939-a75b5870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック